学校説明会、文化祭/体育祭へ参加する前に

学校説明会や文化祭/体育祭などは、学校の姿を直に見ることができるチャンスです。せっかくの機会は十分に生かしましょう。学校説明会や文化祭/体育祭への参加前の準備、持ち物、現地で見るポイント、入学願書の入手のほか、自宅に帰ってから行うべきことなどを解説します。

■ 参加の前に

目的の中学校についての情報は事前に可能な限り調べておきましょう。参加に対し、予約が必要なのか否か。事前予約が必要ない場合でも、「6年生のみが対象」、「保護者のみ対象」など参加の条件がある場合もあります。体育祭などは校内の運動場ではなく、別の場所で行われることも多くありますので、開催場所についても開催時間とあわせて確かめておく必要があります。中学校のホームページや電話などで確認しましょう。

また先生に聞いてみたいことがあればノートに整理して。他の中学校と同じ質問を投げかけて、回答について中学校ごとに比較をするのも志望校選択の際などに役立ちます。


■ 説明会に持っていくもの

学校説明会に持っていくものとしては

・目的の中学校の周辺地図
・上履き
・筆記用具

などがあります。そのほか、予約制の説明会の場合には参加の申込書なども忘れずに。帰りに学校のパンフレットを持ち帰ることも考えて大きめのバックもしくは紙袋があるといいですね。11月以降は冷え込む場合もありますので、膝掛けやカイロなどの防寒対策もしっかりと。


■ 学校説明会や文化祭/体育祭ではココを見よう!

目的の中学校には実際に子供が通学する経路で行ってみましょう。自宅から学校までの距離、電車やバスの乗り換えの様子などを知っておくと志望校を選ぶ時や実際に入学試験の時に参考になります。

最寄の駅や学校周辺の環境、在校生や来校している保護者の雰囲気、先生の様子などもよく観察。先生と生徒、下級生と上級生とのやりとりなどからもその中学校の生の姿をみることができます。教室、ロッカー、トイレや図書室など学校の施設もチェックしましょう。

チャンスがあれば先生や在校生に話しかけてみましょう。一人二人ではわかりませんが、何人かに話しかけるとその学校の雰囲気、校風といったものを多少でも垣間見ることができるものです。

学校説明会では、その中学校がどういう生徒に入学してほしいのか、どういう人間に育てて生きたいのかなど、教育理念についての説明がありますのでよく聞いておきましょう。


■ 入学願書も貰っておきましょう

学校説明会や文化祭では、学校のパンフレットのほかに入学願書や過去問題などの販売が行われていることも。入学願書については無料で配布している中学校も多くあります。受験するかしないかを決めかねているとしても、いざ受験を決意した時にあわてて入学願書を購入に行くのは思いのほか大変なので、入手しやすい時に手に入れておくのがいいでしょう。


■ 感想はまとめておきましょう

学校説明会や文化祭/体育祭の感想は簡単でもいいのでまとめてきましょう。気になった点や、質問タイムでのやりとりなど、記憶に残っていることをメモして。いくつかの中学校をみて志望校を絞り込む時に参考になります。また、実際に受験する場合、入学願書に受験の動機やなぜその学校を選んだのかなどの質問が設けられている中学校も多いもの。そんな時に感想をまとめておいたメモが役に立ちますよ。

子供と一緒に参加した場合には子供にもその中学校の感想を書かせましょう。良かったところ、気に入らなかったところなど少しでもかまいません。もちろん国語の勉強にもなりますし、子供自身が志望校選びで迷った際に、そのメモを見ながら考えたり。と、いった効果もあります。

リンク集
中学受験情報
学習塾
家庭教師
リンク集TOP
イベント情報
文化祭/学園祭
体育祭/運動会
学校見学会/オープンスクール
進学相談/合同説明会
学校説明会
スポンサード リンク